お問い合わせ サイトマップ            

    

       
WWW を検索 cohki.JP を検索
 
2009作品 2008作品 2007作品 2006作品 2005作品 2004/
2003作品
2002
作品/@
2002
作品/A
2001/
2000作品
1999/
1998作品
1997/
1996作品


   2009作品           



2009年6月11日(木) TBSテレビ 総力報道!THE NEWS 「鳥獣保護法違反の疑い/メジロ飼育で逮捕」

 飼育や捕獲が禁止されている野鳥を譲り渡したとして、警視庁大崎署などは6月11日、鳥獣保護法違反の疑いで、東京都北区の小鳥店経営者を逮捕した。店舗や自宅を家宅捜索し、野鳥20種計67羽を押収。同署によると、容疑者は容疑を否認している。逮捕容疑は、平成19年10月ごろから今年1月まで、3回にわたり、北区の会社員の男性ら3人に、ホオジロ、ウグイス、シジュウカラ各1羽を譲ったり販売したとしている。
 同署によると、容疑者は1階を店舗、2階を自宅にしており、1階でメジロ2羽を、2階でウグイス、ウソ、アオジ、ルリビタキなどの野鳥20種計65羽を飼っていた。

2009年7月7日(火)TBSテレビ 総力報道!THE NEWS「ブランド野菜に違法農薬のワケ」

 安全安心売りにしていたブランド野菜から、違法農薬が検出された。産地は直ちに回収し1億円の被害が出た。原因は、ここで使われていた土壌活性剤ニームオイル。一般的に農薬登録されていないオーガニック資材として有機・減農薬栽培などで農薬の代わりに多用されている。その後、東京農業大学本山直樹教授よる調査で、中国冷凍ギョウザ事件で使われた有機リン系殺虫剤メタミドホスより毒性の高い、抗生物質殺虫剤アバメクチンが、同じ土壌活性剤ニームオイルから検出された。
 農水省によれば、農薬登録されていないオーガニック資材は、殺虫・忌避・害虫予防などの効能をうたい販売したり、生産者が農薬の効果を期待して使用する行為は、農薬取締法違反になるという。
認可された農薬を使って欲しいという農水省。一方で農薬を嫌い、有機・減農薬野菜を好む消費者。生産者は今、その板挟みに遭っている。

2009年1月7日(水) TBSテレビ NEWS23 「認知症のおばあちゃん/小さな奇跡」

 埼玉県川越市に”認知症専門”の病院が開院した。認知症の患者200人を受け入れられるキャパシティを持つ「トワーム小江戸病院」。開放的な施設で、患者も家族も前向きに治療に取り組んでもらうことを目指す。脳の組織が萎縮し、機能が失われる「アルツハイマ−型」がよく知られている認知症だが、済陽芳子(83)さんのように、脳内で出血したり、血流が途絶えたり、といった「脳血管性」の認知症患者も数多い。孫/美千代さんは、芳子おばあちゃんの記憶を取り戻すべく、故郷の鹿児島で、女学校時代の親友を見つけ出した。
■孫/美千代さん:「おばあちゃん一緒に鹿児島行く?」
■芳子さん:「うん、行く」
■孫/美千代さん:「やはり色々と思い出してくれて結構判ってくれたから、行って良かったと思います」
■脳専門医師:「すべての脳血管性認知症の患者に言える事ですけれども、動かない、しゃべらないというのは、もしかしたら意欲がだいぶマイナスになっているのかも。諦めない治療、今後は絶対必要になるかもしれませんね」
■孫/美千代さん:「家族にとってとても大きな一歩を歩き始めることが出来ました。これからも前向きに意欲をプラスにしておばあちゃんを支えていきたいと思います」

2009年11月15日(日)TBSテレビ 夢の扉「ガンマナイフを遠隔操作で行い助かる命を救いたい」

 ガンマナイフとは、ガンマ線(放射線の一種)を用いて、まるでナイフで脳病巣を切り取るかのようにコントロールする治療法。つまり開頭手術をせず脳内病変を治療する、極めて低侵襲な脳外科治療の一つである。ガンマナイフの装置の中には、約200個のコバルトが敷き詰められており、それぞれからガンマ線が常に放出されている。200本のガンマ線は一箇所に集束するよう設計され、患部や病変に照射され治療を行う。
 日本におけるガンマナイフのスペシャリストの林基弘医師は、東京女子医大、葛西ガンマナイフセンター、さいたまガンマナイフセンターの3ヶ所を拠点に治療を行っている。今回は、2010年運用開始する専用回線を使った遠隔治療に焦点をあて、様々な困難にチャレンジする林医師に密着取材した。
2009年10月16日(金)テレビ朝日 ドラマ「アンタッチャブル/事件記者・鳴海遼子」PR番組

 仲間由紀恵が週刊誌の記者・鳴海遼子を演じるドラマ「アンタッチャブル」。怪事件の裏にあるアンタッチャブルな領域にまで踏み込もうとする鳴海は、不器用だが粘着質な性格で他の記者が見落とした。小さな手がかりから事件の真相を追う。天然でありながら、信念は絶対曲げない不器用な性格ゆえさまざまな壁に衝突していき、やがてジャーナリズムを揺るがす圧倒的なアンタッチャブルな真実と、相対することに・・・
 放送開始当日のPR番組では、実際に活躍するスポニチの女性記者に密着。様々な事件に遭遇する生の姿を追った。